FX画像

FXとCFDの確定申告をしてみました

昨年まとまった利益がでましたのでFXとCFDをまとめて確定申告をしてみました。
税制が変更されて、FXは申告分離課税の方式になりましたので所得税率とは関係なく一律20%で税金が徴収されることになったのと、複数の投資の損益通算ができるようになったため、複数業者を使ったケースとCFDなどの業者の損益も通算できるようになったのがとても便利になりました。
すべての業者で利益がてているわけではありませんから、それを損益通算できるのはとても有難いことだと思いました。
確定申告自体はネットで申告を行っていますので、添付資料としてFXなどの業者からもらえる年間の損益表をデジタルで添付することで簡単に済ませることができました。
応分の税金の支払いはほどなく連絡がきますので、これも一括で支払うことで事なきを得ています。
一昔前までは特定の証券会社を利用したFXしか損益通算は利用できない時期がありましたが、今は拡大利用されているようで大変安心させられました。
昨年は儲かってしまったので私は利用しませんえしたが、損失が出た場合には、翌年以降3年間繰り越しをすることができることも知りました。
損失が出た場合にはとにかく確定申告時に数字だけ申告して翌年以降の利益と相殺していく仕組みを使うべきだと思います。
これはめずらしく投資家に良心的なしくみであると感心させられました。
ということで国内のFX業者とCFD業者の分の投資の確定申告は簡単に行うことができたのでしたが、問題は海外の業者利用の部分でした。
実はこれは申告分離課税ではないのです。
海外の業者FXやCFDの場合には、その利益は雑所得として扱われ、給与収入やその他収入と合算してトータルでの税率が適用されてしますのです。
したがって給与所得者でぜそれなりの収入があるとさらに税率が高くなるということになってしまうことに気がつきました。
まあ儲かったものは仕方がないですが、どうしてこうした違いがでるのかの理由は正直なところよくわかりません。
しかし決まりごとなのでこの方式にのっとって申告を行いました。
パソコンの購入費の半額程度は一応経費で落ちるようなので、そうしたものを経費に計上しましたが、自宅でパソコンだけつかっておこなっている投資にはほとんど計上すべきものもないので、仕方がありませんでした。
今回確定申告をしてみて、はじめてこうした区割りになっていることを知りましたので、来年以降なにかもっといい節税の方法がないか研究してみようと思っております。
ただ、税率が高くても海外の業者をつかってレバレッジが高いほうが結果としては儲かるので、これからもこの方法は続けたいと考えております。
税金を払うことよりも儲かることのほうを優先するのは、いわば当然のことですので、これからも高いレバレッジのFXについては継続して利用していくようにしたいと考えています。
ちなみにですが、給与所得者で年収2000万以下の年収で、給与所得以外の収入が20万円以下であれば確定申告は不要となりますので、これも覚えたおいたほうがいいと思います。
そのぐらいのこうした利益は申告せずに済むということも始めて知った特例でした。
こちらにもFX収支の確定申告について書かれています。

Copyright(C) 2010 お小遣いをかせぐ.com All Rights Reserved.