FX画像

FXの無料自動売買ツールで15%の利益確保

FXの自動売買ツールはいろいろなところで話題になりますが、興味をもったことから無料で利用できるものを使って三ヶ月間ほど実験的に使ってみましたのでそのご報告をします。
まず利用したのはドル円で、この三ヶ月間はかなり一貫して上昇局面でしたので、かなり期待して利用してみました。
結果からいいますと、一ヶ月利用してみた結果は12%程度のプラスで、ソフトが勝手に売買した結果としてはなかなかの数字を出すことができました。
殆どが上昇相場になっていましたから、だれでも結構な数字になった時期でもあるのですが、それでも雇用統計やECB理事会などがありますと上限にイレギュラーにふれることもあったため、かなり良好な数字でなないかと思いました。
翌月はこうした特別な事態が当初から予定される会合や指標の結果がでるときにはあえて一旦自動売買を停止させたところ全体の月間利益率はさらに上がるようになり14%をたたき出すようになりました。
これでわかったのは通常の状況では判断できないことが起きたときにはこまめに自動売買を切るようにして市場が安定してチャートが読み込めるようになったところで再度エントリーさせるようにすることがプラスであるということから、三ヶ月目はさらにきめ細かくつけたり切ったりする時間を増やすようにし、できるだけ自動売買ソフトに負担にならないように配慮してみました。
結果としてさらに効率はあがるようになり、三ヶ月トータルはなんと15%平均ということになったのです。
さすがにこれには驚きましたが無料のツールでもここまでやれるということです。
もちろん、突発的に起きる要人発言や地政学リスク、事件、事故にともなう欧米市場での株価の下落に引きづられるといった事象はもはや防ぎようがないことですから、2〜3%しか違わないのであれば、そのままずっと稼動させておくというのも一つの手ではないかと思いました。
まあ今回実験的に利用してみたのは基本的に上昇トレンドの中の話ですから自動売買ツールも比較的働きやすい環境だったのだろうと思いますが、日常的にボラタイルが高いような時にどれだけ機能してュれるかについては、今後の課題だと思っていますので、引き続き利用してみたいと考えています。
ただこうしたソフトのアルゴリズムは荒れた相場には向かないという話もよく効きます。
なかなか目指した方向に売買ができずに証拠金だけを減らしてしまうということもやはり起こらないわけではないようです。
したがって、利用できる環境かどうかをユーザーが厳密に判断してあげることもどうもかなり重要なようです。
あらゆる状況にあわせたアルゴリズムを持ち合わせているわけではないようなので、その特性に合わせて得意な局面を伸ばしてあげるように利用することが重要ではないかと思いました。
これで有償のソフトならもっと儲かるのではという期待もありますが、とりあえず当面はこのソフトを利用して、さらに精度があがるためにはどうしたらいいかについて考えていくようにしたいと思っています。
ひとつ言えるのは、人間がやっても難しいと感じる相場状況ではこうした売買ソフトを利用するのはやはり無理だということで、使えないときには無理した使わないのが鉄則でしょう。
FXのNo.1取引ツールはこちらです。
http://11aliveblogs.com/no1.html

Copyright(C) 2010 お小遣いをかせぐ.com All Rights Reserved.