FX画像

アービトラージをFXで個人でやるのは難しい

アービトラージというのは日本語では裁定取引と呼ばれるもので、価格が同じか近似する商品の価格に理論上説明のつかないような価格差が生じる場合に、その価格差をうまく利用して高い商品を売り、さらに安い商品を買うことでまったくリスクなしに利益を上げることができる売買手法のことをいうとされているもので、FXの本やネットなどでは常に書かれていることです。
これを個人投資家のレベルでできないかと思い、私もいろいろと努力してみたのですが、まず相対取引の場合には二つの業者を選んでもスプレッドが存在し、しかもボラティリティが大きな時にはそのスプレッドが広がってしまうことがあるため、2社の業者との取引上で行うのは理論上ではできるとしても、実際にはなかなか難しいというのが、数度やってみた印象です。
たとえば取引手数料は別個の支払う証券会社でインターバンクの価格と同じものを提供してくれる二社であれば、可能かもしれないと思いますが、どうしてもスプレッドのからむ個人の相対取引では思い通りに高いほうを売って安いほうを買うという形にならないことが多く、難しいようです。
また実際にできたとしてもかなり多額の枚数を売買しませんと差額がでないことになるので、いずれにしても個人がやっていくのはかなり難しいのではないかというのが個人的に挑戦してみた率直な感想です。
ただ、相対取引でも価格が相当異なることはありますので、理論的に可能であろうことはよくわかった次第です。
実際にこうした取引を成功させている人たちはどのようにやっているのかもう少し研究する必要があると思いました。
ただ、スプレッドが固定のFX業者二社で、元々のスプレッドが異なっている場合には、物理的には成立することは間違いないと考えています。
ところが実際にやってみますとスプレッドが広がる問題もありますし、スリッページの問題で決めた価格で約定しないという問題もでてきてしまいます。
やはり、こうしたやり方はある程度プロがやっていくものなのかというのが実際に挑戦してみた感想です。
こういう実験的なアプローチは大変面白いので果敢にやっていみたいと思ったのですが、なかなか素人で揃えられるものが決まっているので結構むずかしいようです。
実際に個人投資家でもやっていらっしゃる方がいるとよく聴きますので、もっと勉強をして現実になるようにしてみたいとも思っています。
FXのみならず商品相場などさまざまな世界でアービトラージということが起きているようなので、きちんと条件を揃えれば同じことが行えると思うのですが、残念ながら今ところは力不足で、同じことを再現することができませんでした。
しかしこれを発見して現実に実行できた人は凄いと確かに感心させられます。
こうしたことを思いつくことができただけでもかなり画期的ではないかと思います。
このやり方は業界内では結構当たり前のようにやられているものだとよく聞きます。
しかもそれなりの収益をあげられているとも聞きます。
かなり大きな金額を利用してやっているという話も頻繁に聞いていますので、間違いなく実現することができる手法なのです。
一度でいいのでこの手法で成功してみたいものだと思っています。
こちらのサイトではFXでアービトラージを行うときに必要なことが載っていますので興味がある方はご覧になってみてください。

Copyright(C) 2010 お小遣いをかせぐ.com All Rights Reserved.