FX画像

FXでオプション取引をすることの意義とは

最近、円相場の動きは急激に円高になったり、かと思ったら日銀の政策などの影響を受けて突然急激に円安に傾いたりと非常に不安定な動きを見せています。
そんな中、相場が急激に上下することでリスクは高まるとはいえ利益を大きくしやすいのがFX取引です。
これは最近特に主婦などがインターネット上で日中、気軽にお小遣い稼ぎをする手段としても注目を集め、それらの影響により口座開設数というのはここ数年だけでも急激に跳ね上がっているのです。
私自身、休日などの隙間時間にゲーム感覚で少額からではありますが1年半ほど前から口座を開設し、その取引を始めました。
やはり投資というものの特性上仕方のない、そして受け入れなくてはならないものでもありますが、利益が得られる日もあれば完全に損失しか出ない日もあります。
また通算では少しばかり利益はプラスにはなっているのですが、リスクが怖く、自分の持っているお金の何倍もをかけて利益を大きくしようというレバレッジ取引は私は行っていないためにいかんせん利益の額が本当にゲーム感覚でやるのではなくては元が取れないほどに小さすぎるのです。
これは、大きく相場が変動しそうな日は多額の損失を出すのを防ぐために私は取引をしていないということもあるのではないかと思いますが、それではリスクは確かにあまりないのかもしれませんが前述のハりあまりリターンにも期待はできないのです。
レバレッジの長所と短所はこちらもご覧ください。
http://www.themenwhostareatgoatsmovie.com/leveragemerit.html
では、あまり相場が動かない環境下で利益を大きく上げるのは、レバレッジ取引をしなくては不可能なことなのでしょうか。
しかし、必ずしもそうであるとは言い切れないのです。
ここからは、相場のあまり動かない環境下でかつレバレッジ取引もしない、という条件でのFXの利益の出し方をご紹介します。
私はこの方法に半年前くらいにようやく気付き、始めたため今では以前よりかは大きな額の利益や損失を出せるようになっています。
それは何かというと、オプション取引というものです。
オプション取引とは、例えば6か月後であれば6ヶ月後に為替相場がいくらになっているのかを予想し、予想した額で予め売買しておくのです。
それをたとえば1ドル100円で買っておいたときに、6か月後の相場が1ドル110円であったとしたならば6か月後にオプション取引の権利を行使して1ドル100円で購入したドルをそのまま市場で1ドル110円で売ることによって、わずか1日の間に10パーセントもの利益が得られるというものなのです。
なぜこのような取引が成り立つのかというと、市場にはある値段で買いたいと思っている人とある値段で売りたいと思っている人がともにいるからなのです。
たとえば上記の例でいえば、6か月後に1ドル90円になると予想している人は、6か月後1ドル100円で売る権利をあなたと確定させることによって取引は成立、そう予想した人は相場が予想した通りになれば利益を出すことができるのです。
しかし長期間後の相場予想は難しく、私の予想的中率も6割程度でしかありません。
また大きく相場が変動すればリターンが大きくともそれだけリスクも大きいことにつながりますので注意は必要です。
しかし経済を分析して予想が的中した時の達成感は大きいのでぜひ皆さんもこのオプション取引を行ってみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2010 お小遣いをかせぐ.com All Rights Reserved.