FX画像

FXでの効率の良い取引を可能にするシステムトレード

FXで効率の良いトレードを行う為には、予め幾つかのポイントを押さえておく必要があります。
FXトレードを行う前には、事前に市場と関連性のあるニュースをチェックし、外国為替市場の現行の状態を把握しておく事が重要です。
この計画性のあるトレードが、FXで着実に収益を積み重ねていく為には不可欠なのです。
そして、FXでより大きな収益を得るためには、的確なチャートポイントでポジションを建てることも重要です。
その為には、テクニカル分析を駆使したシステムトレードでの取引が必要になります。
以前は、外国為替市場に大きな影響を与える重要な経済指標に頼った、ファンダメンタル分析を重視したトレードを行っていましたが、テクニカル分析を組み合わせたシステムトレードを活用しトレードをするようになり、トレードでの勝率を飛躍的に高める事ができました。
ここではトレードでの成功体験に基づいた、FXでの効率の良い取引を可能にするシステムトレードについてお話致します。
先ず最初に、FXのシステムトレードの場合は、複数のテクニカル指標を組み合わせ、的確ネチャートポイントで売買シグナルが出るシステムを作っているものが多くなります。
このシステムトレードは過去の値動きのパターンなどを参考にして、現在のチャートの動向を検証し、収益が上がる可能性の高いポイントに絞り取引を繰り返して行なうものです。
その為、とっさの思いつきや個人的な予測ではなく、確率に基づいてトレードを行うことになります。
その為、優位性の高い条件のみで取引を行う事になります。
次に、このシステムトレードを行う際に不可欠な要素としてローソク足のチャートの分析があります。
ローソク足のチャートを検証する事で、現行の市場の大きな流れを把握する事が出来ます。
ローソク足には主に、1日の動きを示す日足や、1週間の動きを示す週足、1ヶ月の動きを示す月足などがあります。
これらの長期的なローソク足のチャートを分析する事により、市場の大きな方向性を把握する事が出来ます。
私がシステムトレードを行う上では、デイトレードの時には1時間足や30分足などを用いて、市場の細かな動きを検証する事に加え、大きな時間軸で市場の大きな方向性に沿ったポジションを建てます。
次に、FXのシステムトレードで重要なものにオシレーター系のテクニカル指標があります。
私のトレードスタイルではこのオシレーター系の指標を活用し売買タイミングをはかっています。
例えば、現時点で売りと買いのバランスがどのような状態であるのかを判断するには、ストキャスティクスを使用しています。
外国為替市場で為替レートは、一定の価格帯で上下の価格変動を繰り返し大きな方向性を形成していきます。
その為、この上下の価格変動の流れを把握し、相場が一定の範囲を大きく上回ったところや、下回ったところでポジションを建てることで効率の良いトレードが可能になるのです。
システムトレードではこの売買タイミングが重要なポイントとなります。
これら市場の大きな方向性を判断できるローソク足と、市場での売買のバランスを示すオシレーター系のテクニカル指標を組み合わせたシステムを使う事で、以前よりも大きな収益を上げることができるようになっています。
ただしFX取引システムの定期メンテナンスには注意してください。

Copyright(C) 2010 お小遣いをかせぐ.com All Rights Reserved.