FX画像

FXの口座に入金する流れと、口座から出金する流れは業者によって違う

FXの口座をいくつか持っていて、それぞれの口座で取引をしていてわかったんですが、証拠金の入出金については、業者によって、入金方法や出金日などが少し違うんですよね。
たとえば、入金方法についてですが、大抵の業者はクイック入金と呼ばれる、24時間、いつでも口座に証拠金を入金出来るシステムを使っているのですが、出金元の口座として使える銀行は、業者によって違いがあるのです。
自分が一番最初に取引をした業者の場合、クイック入金に使える出金元の銀行は一桁ぐらいしかありませんでした。
自分がメインで使っている銀行はその中に入っていなかったので、まず、メインの銀行へ行って現金を出金し、その現金を、クイック入金で使える銀行の口座に改めて預金しました。
その後、家に戻ってパソコンからクイック入金の手続きを行ったのです。
時間も手間もかかりました。
でも、その後に口座を開設した業者の場合、クイック入金の出金元の銀行は三桁ぐらいありました。
メインで使っている銀行も含まれていたので、家から出ることなく、簡単にクイック入金をすることが出来ました。
もし、入金手続きは出来るだけ迅速に行いたいということであれば、クイック入金が出来るかどうかではなく、自分がメインで使っている銀行から出金出来るかどうかということを調べて、それが出来るところを使った方がいいでしょうね。
FXの注文方法の基礎知識についてはこちらを参考にしてみてください。
出金については、もっとバラバラでした。
自分が使っているFX業者の場合ですが、まず、出金手続きをした後に、当日に出金出来るか、それとも、翌日以降に出金となるかで違いがあります。
当日出金出来るところでも違いがありました。
たとえば、午後2時までに出金手続きをすれば、当日に出金出来るというところと、午前11時までに手続きをすれば間に合うというところがありました。
翌日以降に出金されるという場合でも、やはり業者によって違いがあります。
たとえば、自分がFXを始めて、まだ間もない頃に使った業者では、トレードした日に得られた利益が口座に反映されるのは二日後で、トレードした日に出金手続きを行うと、その日の利益は出金出来ませんでした。
そのため、出金手続きをした日に一回トレードをして、250円の利益があったのですが、その250円を出金することが出来ず、今でも口座にあります。
別の業者では、出金をするためには、FXの口座から別の口座に移さないといけないというところがありました。
業務時間内だとリアルタイムで移せるのですが、業務時間外だと反映されるのが翌朝になってしまうため、出金手続きをするのに少し時間がかかってしまいました。
それと、FXの口座が二つに分かれているという業者から出金する時は、一つの口座にお金をまとめてから出金手続きを行いました。
どうして二つに分かれているのかというと、通常の口座と、プログラムを使って自動取引を行うための口座が用意されていたからです。
このように、出金方法と、出金に至るまでの流れというのは、業者によっていろいろと違いがあります。
なので、あまり煩雑な手続きを行いたくないという場合は、すんなりと出金出来る業者を探した方がいいでしょうね。
業者のホームページに出金までの流れが書かれているはずです。
口座開設のポイントはこちらをご覧ください。
http://wh-academy.jp/account.html

Copyright(C) 2010 お小遣いをかせぐ.com All Rights Reserved.